リil#゚ ー゚ノi -ニ三⊃#)Д 彡・∴



 リil#゚ ー゚ノi つ三,,''Д゚彡








ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 



ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



 

 



ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「
 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 


 
 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 


 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「
 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 


 


 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「






ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 




 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「






ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「





ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



 

 

 






ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 





ミ,,, ゚Д゚彡「8/12 昼前まで寝てたけど、このままだとマズイと判断して、起きます」

リ.il.゚ ー゚ノi 「じっとしていると動けなくなっちゃうからね」



ミ,,, ゚Д゚彡「雲行きが怪しい」

リ.il.゚ ー゚ノi 「台風の影響だね。切れ端の雲が関東にも流れ込んでる」

ミ,,, ゚Д゚彡「まぁ、息抜きしておかないと動けなくなるから出発。もう十一時過ぎてたけど」

リ.il.゚ ー゚ノi 「今回は北に向かいます」

 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「道の駅まくらがの里こが。2013年開業だそうな」

リ.il.゚ ヮ゚ノi 「遅めのお昼ご飯、おったまげ天丼!」

ミ,,, ゚Д゚彡「……正直重かった。豚丼にしておくべきだった」

リil;゚ ー゚ノi 「天麩羅モノはお腹に来るからね」


 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「古河市雀神社。市街地からちょっと離れた場所にあります」

リ.il.゚ ー゚ノi 「雨が降ってきたので、一度車の中で休憩」

ミ,,, ゚Д゚彡「しばらくすると止んだので神社へ」

リ.il.゚ ヮ゚ノi 「猫がいっぱいいる」

 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「野良猫なのか神社で飼っているのか」

リ.il.゚ ー゚ノi 「神社の人に懐いてるけど、どっちなんだろう?」



ミ,,, ゚Д゚彡「御朱印ゲット」

リ.il.゚ ー゚ノi 「シンプルな御朱印だね」

ミ,,, ゚Д゚彡「そして西に進みます」

リ.il.゚ ー゚ノi 「三県境

 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「栃木県、群馬県、埼玉県が交錯する場所」

リ.il.゚ ー゚ノi 「特に特別なものはなく、田んぼの中にあります」

ミ,,, ゚Д゚彡「結構人が来ていた。有名な場所らしいからな」

リ.il.゚ ー゚ノi 「それから、高取天満宮へ」

 

 



ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

 



ミ,,, ゚Д゚彡「手前の公園の駐車場に車行って来ました」

リ.il.゚ ー゚ノi 「神社に続く道の小さい食べ物やさん、行ってみたかったかも」

ミ,,, ゚Д゚彡「魚の天麩羅とかあった」

リ.il.゚ ー゚ノi 「そうしているうちに三時過ぎました」

 

ミ,,, ゚Д゚彡「日は西に傾きかけているが、相変わらず暑い」

リil;゚ ヮ゚ノi 「夏だからね」

ミ,,, ゚Д゚彡「次は織り姫神社だ。というわけで、高速でGO!」

リ.il.゚ ー゚ノi 「館林ICより東北道へ。下道でもあんまり時間変わらなかったかも」

 



ミ,,, ゚Д゚彡「お、幻日見えた」

リ.il.゚ ー゚ノi 「きれいだね」

ミ,,, ゚Д゚彡「そうして足利市に到着。織姫神社へ」

リ.il.゚ ー゚ノi 「神社横の駐車場に車留めて、境内へ」

 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「……御朱印四時までだった」

リil;゚ ヮ゚ノi 「五時までだと思ってたのに」

ミ,,, ゚Д゚彡「そういう事もあるさ。さて、今回はここで夜景を見ようと思う」

リ.il.゚ ー゚ノi 「関東だと有名な夜景スポット」



ミ,,, ゚Д゚彡「あ。藤の花が咲いている。……藤って五月だよな」

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「





ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「






ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


 

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 



ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

 




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「



 


ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「




ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「





ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「


























































 
ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「

ミ,,, ゚Д゚彡「

リ.il.゚ ー゚ノi 「